オーガニックEXPO〜Bio Fach Japan

f0087766_10265559.jpg
まろやかな味と香り
おいしいハーブティーを飲むと
ほんとうにお腹が喜ぶ^^

我が家のプランターのハーブや
時々にあわせ自分でブレンドするハーブティーの楽しみはもちろん尽きないが

丁寧に人の手がかかっている有機農法から
生まれた味は、ハーブそのものの味を
思い出させてくれる。

いつでも..は、無理でも
口にするもの、肌につけるもの
オーガニック製品にふれるとやはり五感は開放
日常のちょっと贅沢なひとときです。

という訳で、オーガニックEXPO(10月10日〜12日)の案内が
ヴィーゼ天の香りから届きました。

世界21ケ国から260を超える出展社、グローバルスタンダードの有機認証済み食品や厳しいBioFach基準をクリアした安心できるナチュラル製品が一同に会する見本市。

日本ならではの有機製品はもちろん、世界のオーガニック農産物、食肉・乳製品・水産物、加工品、ナチュラルコスメティック、ボディケア、アロマテラピー用品、ペットフード、洗剤・繊維などの日用品、家具、医薬品etc...

身体が喜ぶものを探しにゆくにはよい機会かもしれません。


*オーガニックEXPO Bio Fach Japan オフィシャルサイト
http://www.abcenterprises.jp/bio-ja/index.htm

*(株)ヴィーゼ天の香り  
レーベンスバウム社(ハーブティー)、プリマライフ社(アロマテラピー関連商品)の総代理店として出展。プリマの精油はそのほとんどが契約栽培に基づくオーガニック。香りと品質、種類の豊富さで、プロの方にも人気がある。
http://www.wiese.co.jp/ 

*写真はドイツ、レーベンスバウム社のオーガニックハーブティー 
デメーターdemeter(オーガニック栽培を基礎をつくったR.シュタイナーのバイオダイナミック農法を厳密に実践している農業共同体で、ドイツでは”最も安全な食品”の代名詞)のお茶。
日本にも「こっぽわぱ耕文舎」という農業共同体がある。
以前お世話になったことがあるが、ここの土はまるで深さ数メートルのふかふかの絨毯。農事暦(種まきカレンダー)で宇宙の星の運行に合わせて栽培している。
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-09-10 10:27 | アロマな暮らし
<< 秋のローズツアーご案内 Aroma & Esalen ... >>