聖ヒルデガルドの音楽

f0087766_031698.jpg
いつも書きたいことが書けないまま。
タイムラグがあるのですが、やはり書き留めておこうと思います。

16日の金曜日、友人の豊子さんがアイリッシュ・ハープで出演される『春原恵子(すのはらけいこ)さんのソプラノ・コンサート〜ビンゲンのヒルデガルト〜天空の音楽』を聴きに、東京オペラシティの近江楽堂へ。

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン
中世最大の賢女と言われた聖ヒルデガルトは、植物療法を志す者にとっても、ドイツの薬草学・貴石学の祖として近しいのですが、生の音楽を聴けたのは初めての体験でした。

新宿の喧噪を抜けて着いた会場は、丸天井に十字のトップライトのあるお堂のような空間。

まさに天から、とても純粋で、淡く、薄いベールを纏ったような音が、降り来るように感じたり、

そうかと思うと、私達の足下に広がる大地へ、聖なるものを響き渡らせるような、何か"意志"のような力強さを感じたり・・・

内奥の静けさと、命の熱さを行き来するような響きで、正直言うと、後半は体温が高くなり、浄化してもらっているのか、体力がある方ではないので大丈夫かなという感覚。

生意気な感想ですが、最後の方で1曲だけ、ちょっと力まれているかな と感じましたが、それ以外は、その響きの神聖さにとても感銘しました。

実は、ヒルデガルトの音楽は、
[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-09-17 23:19 | 集い

狛江10/3親子クラス『放射線被害からこどもを守る覆いをつくる』

10月の親子クラスは
シュタイナー医師の小林先生、看護士の村上さんをお招きして
放射線からも守ると言われているソーラムオイル(泥炭の入っている)のケアを実習しながら、放射線被害の影響について皆さんとお話できる場をもちます。

皮膚は、体の中で最大の免疫器官。
特に乳幼児にとって、触覚は、丈夫な体を育むだけでなく、人との距離感など人間関係を育む上でも、心や自我の発達を支える大切な感覚です。

手当ての方法と意味を知ることで、不安が安心になる会になることを願っています。



       放射線被害からこどもを守る覆いをつくる



「近い将来、大気の汚染が進み、人の苦しみが深くなる。それよりももっとひどいものから守るため、泥炭繊維の服をきるといい。」1920年代、ルドルフ・シュタイナーが言ったそうです。

大気汚染だけでなく、電磁波、今や、放射線のみえない影響が私たちを取り囲んでいます。
 シュタイナー医療の中に、オイルによる手当がありますが、今回は、環境からの影響を保護する力が強い泥炭のオイルを使った、手足、背中のオイルケアをお伝えします。

実際に、オイルケアの体験をしながら、放射線についての日々の疑問を話してみませんか。


 * オイルケアの体験をしますので、動きやすい服装でいらして下さい。
 * バスタオル 1枚 タオル2枚 をお持ち下さい。
 * 参加費の他に、100〜200円ほどの実費がかかります。
 * 今回は、母子対象ではありませんので、なるべく大人のみの参加をお願いします。
   ですが、同室に乳幼児コーナーを設けますので、やむを得ない場合はそちらをご利用ください。

<講師プロフィール>

小林啓子先生   東京女子医科大学大卒業。小児科専門医。
アメリカカリフォルニア州のルドルフシュタイナーカレッジで、アントロポゾフィーの基礎コース、教員養成コースなどで学ぶうち、アントロポゾフィー医学と出会う。アントロポゾフィー医学ゼミナールにて研修し、アントロポゾフィー 認定医取得を目指し修行中。病院非常勤勤務の傍らシュタイナー学園校医。

村上典子先生
大学病院で、看護職として勤務後、夫の駐在にともない米国で暮らす。サンブリッジカレッジ教員養成課程基礎コース終了。
帰国後、シュタイナー系幼稚園、未就園児のグループ活動を行う。現在、子どもクラスの他、児童精神科、認知症ディサービスなどで、絵のクラスを持つ。クリニックでは、アントロポゾフィー看護の手当法の一つであるアインライブングも行う。
アントロポゾフィー看護を学ぶ看護職の会 代表。

日 時: 2011年10月3日(月)  9:45〜11:45

会 場: 狛江エコルマホール  03-3430-4106
   6階 展示・多目的室 (小田急線狛江駅北口すぐ) 
            
お申込み・問合せ: シュタイナーラボ狛江 
     steiner_labo_komae☆yahoo.co.jp_  親子クラス担当 佐藤
    (迷惑メール対策のためお手数をおかけ致します。
     ☆印を@に変えてメール送信して下さい。)

参加費: 2000円 申 込: 一週間前までにメールにて
     準備がありますので必ず予約をして下さい
     詳細をお知らせする為のメールアドレス又はFAX番号を併記して下さい 
シュタイナーラボ狛江
[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-09-16 09:18 | 子ども

被災地アロマ支援〜”元気アロマネット”

f0087766_12461717.jpg
先日の中秋の名月は、空が澄んでいて
ほんとうに きれいでしたね。
夜、虫の声もよくとおる季節になりました。

東日本大震災から半年。

狛江でお世話になっているアロマセラピストのYさんが共同代表である
『アロマボランディア活動の情報発信サイト”元気アロマネット”』に登録させて頂いています。

別のアロマセラピストの友人は、こちらの活動をお知らせしたら、6月に福島で活動を続けている「手当の輪」チームに早速参加されました。

6月頃は、段ボールで区切られた避難所で過ごされ、ずっと布団の上で寝ることができないままの方々がまだいらっしゃったとのこと。

仮設住宅に移り 暑い夏を過ごされた今は、また様々なお疲れが出ていらっしゃるようです。

9月10日に一度 締め切られることになった「災害派遣等従事車両証明書の発行」にあたり、元気アロマネットでは署名運動などされていましたが、福島県へは来年2012年3月まで、宮城県・岩手県へは今年年末まで、延長が決まったそうです。

私は今、残念ですが現地に伺うことができない状況で、募金という形で大変小さな参加しかできませんが、”元気アロマネット”のご活動を心から応援しております。

アロマボランディア活動の情報発信サイト”元気アロマネット”
 
福島での活動の様子 手当の輪 応援ブログ

*写真は狛江駅前の白木蓮。震災直後に美しい花を咲かせていた木は、葉を広げてもう来春の準備をしてました。
[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-09-14 11:54 | 集い

雨上がり

f0087766_23172360.jpg


豪雨の後、少し涼しくなったので、草むしり。

蚊の猛襲にさえ耐えれば、雨上がりなので はかどります。
[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-08-20 23:19 | 自然観察

2011お盆休み

この夏も残暑が厳しいですね。
終戦から66年。大震災後、初めてのこの季節。
特別な、様々な思いを重ねていらっしゃる方が多いでしょうか。

いつもの、地元で迎えたお盆休みですが、何気ない日常がいつもより有り難く感じ、ちょっと日記に。

f0087766_2326079.jpg
土曜日、神戸へ嫁いだ高校時代の友人の帰省をきっかけに、部活が一緒だった元女子達6人、新宿で集いました。

みんなもちろん、中高生になっている子ども達の話題が中心。母として人間として深みを増している彼女達がとても頼もしく、勉強になり、笑いあり涙ありの楽しいひと時でした。

お土産は、農業をするのが夢だった別の友人が、今は3人の子育てをしながら調布のこだわり農家で働いている畑からの、棒ナスとゴーヤ。彼女の気持ちが嬉しい。

皮の柔らかい棒ナスは早速 そうめんの付け合わせに、ゴーヤは次の日 スパイスのきいたチャンプルでいただきました。

日曜日、猛暑が続く花壇の水やりも忙しいのですが、
[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-08-15 23:47 | アロマな暮らし

ホリスティックアロマ談義 in 二子玉川マクロビカフェ

f0087766_1955183.jpg
アロマ・ハーブのご注文をいただいた友人と、久しぶりに二子玉川でランチを。

彼女のアロマとの出会いは、15年程前に私がお伝えさせてもらったのが最初なのですが。

お母様のご病気を機に、折あるごとにご相談を受け、その後 彼女自身がアロマセラピストになって、お母様 義弟さんを 医学的知識をしっかり得ながら賢明に 懸命に介護され、お見送りされた体験からは、本当に多くを学ばせてもらいました。

最近は彼女ご自身 大変つらい抗がん剤の副作用の状況の中で、そして私自身も長年 難病を抱えて来たこともあり
「アロマ〜植物の力」が、命のぎりぎりのところでも、非常に大きな力を発揮することを、深い実感をもって話し合うことのできる貴重な友人です。

いつも精油やハーブを選ぶ時は、その植物が本来もつ力・作用・エネルギーや物語りを、感覚的に、筋反射で、時には直感的に探っていくこともあるのですが
医薬品との相互作用や成分による影響なども確認し、東洋医学を基盤に導いていきます。

例えば、精油の化学組成のイオン帯電(『フランス・アロマテラピー大全 上巻』参照)からも、香りの陰陽・虚実・表裏を予測でき、陰陽五行・経絡論に応用した東西の統合的アロマ処方(レシピ)が可能になります。

私の学びの基本となったアロマアーチスト協会の香性研究会では、「東洋芳香術」として研究を進めて来たので、一定の傾向をつかむこともできました。

しかし、ゆっくり歩んで来た私自身の勉強不足はむろん、植物の香りの可能性はまだまだ未知なるもので、今でも驚くことが多いです。

もともと 勘が鋭く感受性豊かであり、服用している薬など西洋医学的情報もたくさん提供してくれる彼女のために選ぶと、自然と様々な観点からアロマを吟味していく力が引き出される感じがします。

アロマは、暮らしの中で さりげなく楽しめたら、とっても素敵なことです。

一方で、メディカルな場でも広がっています。
入院中の実体験からも言えますが、植物の生命力の真価をもっと多くの方に知っていただけたら。

それぞれの得意分野をもった人達で協力し、融合・融和していくアロマケアができたら・・・彼女との会話は、どんどん広がって行きます。

病になる要因も 病が癒される要素も、霊・魂(心)・体(気・肉体)のどの次元で働くのかは、単純なことではなく、謙虚に人知を尽くし、俯瞰的な慈愛あるまなざしでとらえた時、人生の能動的・積極的意味を見いだしていくことができることを 私達は知っていると思います。
そして時には、大いなる現象を目の当たりに見せてくれることもある。

みんな、元気になって幸せになってほしい、そうなりたい。
深遠な自省と感謝をこめて・・・やはりそう願わずにはいられません。

f0087766_233598.jpg
さて、本日のマクロビランチ、日替わりプレートのメインは、テンペイの竜田揚げ。
私はピリ辛チリソースではなく、甘酢あんソースにしてもらい いただきました。

他に、冷やし中華風めん や有精卵など色々トッピングの選べるベジタリアンカレーなどのメニューが。

おうちご飯の優しい味で、作り手の良い気を感じる、ほっとする美味しさでした。

9席のカウンター席のみの空間ですが、豊富な食料品もこざっぱりと並んでいて 買い物もでき、ゆったりと過ごせました。

ジンジャー豆乳ドリンクでしめて・・・ごちそうさまです!

f0087766_2334743.jpg

Deli&Cafe Natural Crew ナチュラルクルー
抗がん剤治療中のハーブ・漢方薬の注意点
医薬品との飲み合わせに注意が必要なサプリメント(栄養補助食品)
医薬品とハーブの相互作用(例:セントジョンズワート)
アロマアーチスト協会
医薬品とアロマ・ハーブとの相互作用を調べるによく使っている書籍
『精油の安全性ガイド上下巻』『ハーブの安全性ガイド』フレグランスジャーナル社
『植物の癒力 ドイツアロマテラピーの標準教科書』株式会社ヴィーゼ
[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-08-10 14:45 | アロマな暮らし

夏休み

f0087766_14243624.jpg

[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-08-04 18:23 | 自然観察

発達支援ハンガリー・アルニカ療法 エヴァ・ユジャラキ講座

昨年度の狛江親子クラスにも来ていただいた『療育学校ほおずき』代表の
伊藤昌江先生が招聘された エヴァ・ユジャラキ氏の講座です。

通訳の白石さんは、シュタイナー教員養成過程を終了され、現在ほおずきさんで職員として実践をしていられる方で、以前シュタイナー医師ジェフ・グリーン師の講座での通訳をお聞きしていますが、豊富な知識で誠実な通訳をされ、また楽しい方です。

狛江スタッフも後援させて頂いてます。楽しみです。

*********************************************    
  ほおずきメソッド講座シリーズ記念講演

ハンガリー・アルニカ療法教育支援センター創始者
     エヴァ・ユジャラキ講座

発達に困難を抱える子どもに対する支援の在り方
~ハンガリーでの実践報告に学ぶ~

 日本では、「気がかりな子ども」が増えていますが、必要な支援が届いているとは言い難い現状があります。来年度からは、子どもを支援するための法律も変わり、益々私たちの能力も求められていくことでしょう。
 この度、発達に困難を抱える子どものための支援活動をしていらっしゃるエヴァさんを、ハンガリーからお迎えすることになりました。彼女は現在、発達支援のプラクティショナーとして活動を続け、医療と教育を結ぶ拠点として、セラピーセンターを立ち上げ、活動の幅を広げています。
今回は、発達支援において先駆的な取り組みを学ぶと共に、実際のレッスンについても体験し、「子どもが豊かに育ち、自立に向かって支援すること」の道筋を探る機会となることを期待しています。

日程:2011年8月6日(土)10:00~17:00            
   10:00~12:30 講義
   12:30~13:45 昼休み
   13:45~15:15 エクストラレッスン体験
   15:15~15:45 休憩
   15:45~16:30 ほおずきの実践+コースについて
   16:30~17:00 質疑応答とまとめ

参加費:事前予約 8,000円、当日参加 10,000円

場所:NPO法人 楠の木学園 (横浜市港北区小机町 2482-1)

お申し込みはfaxまたはemailにて、参加者氏名・住所・電話番号をご連絡ください。
療育学校ほおずき (静岡県富士宮市上井出831-1)
0544-54-1310(fax) 
HYPERLINK "mailto:hoozuki.kouza@gmail.com" hoozuki.kouza@gmail.com

講師紹介:Eva Ujlaky(エヴァ・ユジャラキ)
ハンガリー出身。アルニカ療法教育支援センター創設者。エクストラレッスンアプローチの療育教師。公立小学校の教師を退職後、シュタイナー学校担任に。人智学に基づくセラピー教育支援センターを2003年に立ち上げ、医療と教育を結ぶ活動として運営。
エヴァの他にプラクテイショナー1人、オイリュトミー療法士、ハウシュカやコローメソッドの芸術療法士、クラニオセイクラル療法(頭蓋仙骨療法)士、ハウシュカのマッサージセラピスト、ニューロマッサージ家などがフルタイムで働く。30人の医師がこのセンターに関与。現在、エヴァは複数のシュタイナー学校の2年生全員のアセスメントを実施し、教員や保護者への取り組み安い活動を紹介したり、セミナーを実施している。

NPO法人 楠の木学園
JR横浜線小机駅より徒歩2分です。改札を出たら右に曲がり、駅前広場の右手にある駐輪場横の道をまっすぐ進むと校舎と看板が見えます。八王子方面から来られた方は、車窓右手に学園が見えます。なお、小机駅には快速電車は止まりませんのでご注意下さい。

~私たちもこのコースを応援しています~
 桐朋学園大学名誉教授・作曲家/飯沼信義
 WWBジャパン代表/奥谷京子
 富士宮朝霧診療所院長・医学博士/山本竜隆
 シュタイナー教育実践家/井手芳弘
 前富士宮市市議会議員/佐藤長助

エヴァさんを迎えて 日本の発達支援の方向性と私たちの役割―発達支援者養成コースについて
[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-07-27 13:09 | 子ども

ベランダトマト

f0087766_1334011.jpg

今年のは ちょっと皮がかたいのですが



       甘い!
[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-07-26 22:04 | 自然観察

What A Wonderful World〜16歳の音楽

暑さ再来。
セミの声が聞こえてきましたね。

先日たまたま 中学3年の男の子と、ほんのひと時話す機会があって、ちょっと 自分が15・6歳だった頃を思い出しました。

最も感性が澄んで
何か世界の本質のようなもの
すーっとその本質の先まで
観えていた瞬間があったような気がします。

Sweet Sixiteenとはそういう時代でもあったような。
友人の子や仕事で出会った子ども達と接してもそう感じることがあります。

その頃に出会った音楽が
その後 大人の社会に出てからも
自分なりの様々な経験の中で力になってくれたり
聴けば聴くほど
何十年とたった今も
”わたし”の中心に何か響いて来る。

そんな音楽が どなたにもあるのではないでしょうか。

ここからは個人的過去と嗜好の話ですが
[PR]
# by mahaalmaharik | 2011-07-25 20:52 | うたう