<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子どものオイルケア〜思春期

f0087766_22524884.jpg
今日は暖かくなりましたね。
春は要注意の体質なので、本格的な季節到来の前に、今週から朝一番のデトックスジュースを始めました。

3日後にやはり風邪気味に!
〆切仕事を抱えてちょっと緊張気味なので完全に緩んでいませんが、身体はちゃんと調整しようとしてくれているようです。

ジュースは、ぬるま湯にレモン汁と生姜汁をしぼり、今は亜麻仁油を大さじ1程加えてパパッと作っています。
ちなみにかの日野原重明先生は、リンゴやにんじんなどの野菜の生ジュースにオリーブオイルを入れているそうです。100%ジュースなら何でもOKと。

さて、もう少しオイルのお話を。
最近、思春期の息子さんにオイルマッサージをしてあげたいので、というお母さんからのお声が数件。偶然重なりました。

毎日のように部活で頑張っている心身が、やはり母の手を思い出すのでしょうか。
普段は親とのスキンシップを避ける年頃ですが、オイルを介しては素直に背中を出して待っているそうです。

ケアしている間に、
[PR]
by mahaalmaharik | 2010-02-20 23:41 | 子ども

身体の再教育2〜ボディーイメージ

f0087766_22392274.jpg
お蔭様で、動きも加速?!
(今までに比べればですが)
毎日パタパタと過ぎていきます。

そんな合間に、先月セッションしていただいたTさんのアドヴァイスで、
その後、自分のボディーイメージを
少しずつ探っています。

まず何も見ないで、
自分の骨格図を描いてみる。
・・・なかなか興味深い姿(汗)。

以前、これでも芳香整体の講座をさせて頂いて、骨格モデルを横にお話などしてしまったことがあるのですが、

勉強不足を感じつつ、おもしろいことに
[PR]
by mahaalmaharik | 2010-02-10 14:34 | からだのケア

樹形

f0087766_10443178.jpg


冬は

それぞれが

どこへ伸びようとしているか

うかがい知れる。
[PR]
by mahaalmaharik | 2010-02-06 10:47 | 自然観察

オイルについて

f0087766_2118044.jpg
近頃、オイルのご注文を続けていただいています。

冬の乾燥に加え、春に向けて内蔵の冷えが上半身や皮膚表面に現れやすい頃だからでしょうか?
オイルの被いは、心身を外からのストレスから優しく守って、温めてくれます。

「冷え取り」ブームになるほど体の冷えている人が増えているようですが、花粉症や肌のトラブルも、腸の中の状態を反映。
体を温めるものを食べて、お腹から冷えを取るのがまず第一かと、それなりに気遣っています。

今朝もテレビで、塗ってよし飲んでよし料理によしのオリーブオイルの効用が紹介されてました。

エネルギー源としてはもちろん、
[PR]
by mahaalmaharik | 2010-02-03 21:57 | からだのケア

雪の朝

ゴミ出しついでに、家の周りを一巡り。
f0087766_14395912.jpg

        雪の雫でできたフラワーエッセンス(?)

f0087766_14404187.jpg

        ローズマリーは雪がとても好きなような気がします。

f0087766_14411411.jpg

        ヒイラギ南天、春の開花に向けて準備中。

f0087766_14413199.jpg

        「梅香露」をいただく。
[PR]
by mahaalmaharik | 2010-02-02 22:26 | 自然観察

ディーバ

f0087766_23515873.jpg
満月の日曜日、代々木上原へ。
素敵な人たちと出会いました。

かつてヴィーゼの店頭に一緒に立っていたアロマ友達。
なぜか、私の頭がかたくなっている時に限って連絡をくれる貴重な友人です。

フェアリードクターでもある彼
「香りの精霊と踊ろう!」と開いたアロマワークショップ。

神話や歴史、天然香料の香水の魅力、現代アロマ裏事情まで・・いつもながら、私の知らない世界を次々紹介してくれて、抜群の調香センスのゆえんが改めてわかりました。

彼曰く・・・

「精油とは、まさに植物たちの精そのものであり霊液・エリキシールです。
 精油を使ったアロマセラピーは、植物の精霊・ディーバたちとの対話です。」

ディーバとは
日本で言うところのヤオロズノカミのように
すべての事象、物質に宿る愛と光の意識体のことだそうです。
サンスクリット語で、「光輝くもの」。

真に香りと向き合い、愛おしむでいる人を前にすると
自省しつつも、新しい感覚が開いてゆきます。

これって、アロマの本質に関わることです。
帰ってから、植物や精油の感じ方がちょっと変わりました。
春にアイルランド留学(遊学?!)に行かれる前に会えてよかった。


そして、その後同じ会場で行われた
彼の友人でライアー奏者のみやたさんの演奏会に飛び込み参加。

ベイシストでもある彼は、様々なジャンルの曲を弾かれ、ライアーの音楽世界を広げられています。
自由であたたかくて澄んた音色。
歌手のHisaさんの心地よい歌声。不思議な響き合い。

楽しい仲間と、美味しいお酒(めずらしくほんのちょっとだけ)

あたたかさ溢れる、豊かなひと時に感謝。
皆さんひとりひとり、優しく”光輝いて”いました。


*写真は、会場のHako Garallyで「バル・クラフトカフェ」を主催されたバルーチャ美知子さんの作品。ご了解を得てパチリ。とっても粋で自然体の素敵な方。GORAさんのベジカレーも美味しかった!ありがとうございました☆
[PR]
by mahaalmaharik | 2010-02-02 21:29 | アロマな暮らし