<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

漢方薬保険適用外し反対署名

f0087766_12103197.jpg
連日ニュースに上がる「事業仕分け」会議ですが、こちらの議題については知りませんでした。

私自身、西洋薬の一部にアレルギーがあるため、漢方薬で免疫を強化し、体調をコントロールする恩恵を受けて来ました。

体質的な問題を改善し元気になったお子さん、妊婦さんや心身症状に悩む女性の方々、治療の難しい慢性疾患やガン患者さん、等々・・・

治癒とは本来、総合的なものであると思いますが、漢方薬の緩和的効果や身体の体質的底上げによって、よりQOL(生活の質)を上げられた様子を拝見する機会も多くありました。

よろしければ、ご覧ください。


11月11日(水)の行政刷新会議事業仕分け作業の結果、一般用薬類似医薬品
(OTC類似薬)(漢方・ビタミン・湿布薬)を保険給付からはずすという財務省
案にワーキング・グループ15名のうち11名が賛成しました。

この議論は長年自民党政権時代に
[PR]
by mahaalmaharik | 2009-11-25 12:10 | 集い

狛江12/20(日)クリスマス・ライアーコンサート

f0087766_14154413.jpg
クリスマスまであと1ヶ月余りになりました。

今年は、ドイツオーガニックハーブティーの老舗レーベンスバウムから、アドベントカレンダー*がお目見え。

部屋のカリンの実もさらに甘やかに。

一年の残りを
一日一日大切に過ごしたいです。



さて、ライアーコンサートのご案内です。
静かで暖かな一日になりそうです。


****** 狛江 21世紀の街角コンサート ******

〜ライアーの響き vol.10〜 2009年12月20日(日)

いつか忘れていた、かすかな響き…
別の世界から送られてくるメッセージ…
失われていたものに気づくために……

ライアーの響きは色や香りの中に潜んでいます。
私達の街の一角に下りてきた新しいメッセージです。
帰り道の風景が、どこか違って見えてくるかもしれません。


□第一部 クリスマスの響き   荒野の果てに/グレゴリアンチャント/
                 アヴェマリア/サン・サーンス;白鳥 他

□ 第二部 〜おはなしとともに〜  ポール・ギャリコ “ 小さな奇跡 ”


出演: 皇 恭子・川村真理子/ライアー  末松晴美/ライアー・企画・製作
  近藤直子/おはなし(言語造形)  末松直也/チェロ

 
◯会場  小田急線狛江駅前 泉の森会館 3階ホール 03-5497-5444


○昼の部 2:30開場 3:00開演 (乳幼児はご相談ください)

○夜の部 5:30開場 6:00開演 (乳幼児はご遠慮ください)

  ※夜の部のみ,第二部終演後の会場にて懇親会を予定しております。
   参加ご希望の方はどうぞご予約下さい。

● 昼夜とも 前売り1,500円 (当日2,000円) 
●子供(7〜15才)500円  乳幼児(0〜6才)無料
●懇親会参加費700円(7才以上)

口座番号 00170ー7−52467  口座名称  狛江シュタイナー教育の会

主催:狛江シュタイナー教育の会(シュタイナーラボ狛江)

共催:音のアトリエ Piu-motto/くらむぼん/ねっこぼっこ

お問い合わせ /お申し込み:  末松 suematsu@jcom.home.ne.jp


会では、各種講座を開催しています。
 井手芳弘先生の理科教室・手彫りライアー製作講座
 田村祐子先生のアート(にじみ絵)教室・講座
 笠井禮示先生のオイリュトミー講座
 矢崎美恵子先生のパステル画教室
 堀 弘子先生の子育て支援講座・相談
 遠山理津子先生の食育講座
 末松晴美先生のシュタイナー音楽クラス・バイオグラフィーワーク・ブレインジム etc 詳しくはシュタイナーラボ狛江 をご覧下さい。


*アドベントカレンダー  輸入元:(株)ヴィーゼ パンフより
クリスマスを待ちのぞむ子どものために古くからアドベントカレンダーがつくられています。昔は絵の描かれたボードに24の小窓があり、1日目「1」の窓を、2日目には・・と窓をあけるとかわいい絵がでてくるものが多かったようです。ドイツでも戦後モノがなく、親が絵を描いたアドベントカレンダーや、手作りのクッキーやおもちゃをぶらさげたお手製のものでクリスマスを楽しんだそうです。
[PR]
by mahaalmaharik | 2009-11-21 14:03 | 子ども

ピアソラとヴィヴァルディの『四季』

f0087766_1322841.jpg
11月らしく寒くなりましたね。

一昨日は久しぶりにちょっと遠出がかなって、カザルスホールで行われたフィルムージカ・トウキョウのコンサートへ。

こちらの首席奏者のS氏、以前参加させてもらったライアコンサートでご一緒したアマのチェリストで、ど素人の私でも大変わかりやすく指導してくださり、人柄そのままに、とても精妙にして優しく深い響きをお隣りで聴かせていただいた方。

今回はまた、パリの最気鋭の若手、モンソロのメンバーを迎えての、ピアソラとヴィヴァルディの『四季』など。

いや〜、ほんとうに素晴らしく、カッコよかった!!

「モンソロ」とは・・・
[PR]
by mahaalmaharik | 2009-11-18 19:14 | 集い