<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

楽をもって和となす

f0087766_21295032.jpg
いや〜、今日の大相撲五月場所、千秋楽。
朝青龍vs白鵬(はくほう)戦は見事でした!

白鵬の横綱昇進をかけた今場所の気合い。
先日、水曜日の11日目にも観戦することができました。

土俵を取り巻く熱気、力士の覇気が2階席までも届くので、細かい技は見えなくとも、勝つ力士は土俵入りから違うのがびんびん伝わり、儀式としての清伶さ、勝負としての闘魂を俯瞰(ふかん)させてもらっているような気分に。

実際は思わず大きな声援をしてしまい^^;
すっかり身体はほかほか、ストレス解消。
個人的には安馬の躍動感あふれる一番に心打たれました。

国技館内で「びんづけ油」のあま〜い和の香りに出会えば、鼻はついつい力士の姿を追ってしまいます。

びんづけの実際の商品名は「オーミすき油」(1階売店にて1050円で買えるそうです)
江戸時代ヒゲを伸ばすのが流行し、それを固めるために松の脂とロウを混ぜて使ったのが始まりらしい。今は菜種油とハゼの実から採った木ロウをこねて作る純植物性。
甘い香りの正体が知りたかったのですが、わかりませんでした。

神に祈る儀式としての相撲。
柏手を打ち、力水・塩で祓い清め、悪霊を踏みつけるために四股(しこ)を踏む。
ちなにみ一場所15日間で使われる塩は150キロに及ぶとか。

「四房(しぶさ)」と呼ばれるつり屋根の四隅を飾る四色の房は、それぞれの色が四季と天の四神獣(しじんじゅう)を表わし、五穀豊穰を祈念、土俵の守護神だそうです。*1

「八卦(はっけ)よお〜うい、のこったのこった...」

自然の理(ことわり:易)の生きる、まさに「神事の心・技・体」でした。


*1
◯正面東側(東北) 青房 東方の守護神 青龍神(せいりゅうしん=青い龍)春
◯向正面東側(東南)赤房 南方の守護神 朱雀神(すざくしん=赤い鳥) 夏
◯向正面西側(西南)白房 西方の守護神 白虎神(びゃっこしん=白い虎) 秋
◯正面西側(西北) 黒房 北方の守護神 玄武神(げんぶしん=黒い亀)  冬
 
*2 祭りとは
「まつろふ」、すなわち、心より従う、神のお側にお仕えするという意味をもつ。また、「真釣り」、神と人が釣り合いながら一つになる、さらに、「待つ」、神の降臨を待ち望む、との意味も含む。
「まつり」は三つの要素、「清め」と「感応」と「和楽」から成り立つ。お寵りや手水やお祓いは清め、祝詞や玉串や神楽は(神威の)感応、直会神賑行事は(神人の)和楽をそれぞれ現すものである。これらが過不足なく備わってこそ真の祭りと言えるのでしょうか。
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-05-27 21:29 | 集い

和菓子の花

f0087766_21184455.jpg
ニオイジャスミンの花はもう終わっている頃なのに...ジャスミン(モクセイ科)に似た香りに誘われてたどりついたのが

ニオイバンマツリ

近づくと、和菓子のようなパウダリーな香りも。
花弁の色と形も親しみやすい。

南米原産の「ナス科」の低木。
二色の花が咲いているように見えるのは、実際には最初、青紫色に咲いた花が1〜2日たつうちに次第に白花に変化するからだそうです。
そこから英名は「morning-noon-and-night」。夜の香りはまたひときわ際立つらしい。

和名のニオイバンマツリ(匂蕃茉莉)は、花がジャスミン(茉莉)に似た匂い(芳香)があり、明治末に蕃(外国)から来たからからだとか。
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-05-21 11:58 | アロマな暮らし

あなたの大好きなバラは?

f0087766_18413394.jpg
昨日はバラを愛でるには、最高の日和。
満開の神代植物公園バラ園を巡るローズツアーが大盛況で終わりました。

主催の豊香堂さんの楽しくて見事なおもてなしとガーデンデザイナーの常松さんの感性豊かなツアーガイドのお陰様で、皆さん大満足の一日。

「あなたの大好きなバラを
 みつけてください」

そんなテーマを抱きながら、平日でも混雑しているバラ園を、一行はのんびりバラ巡り。

観て、触って、香りを聞く。

大好きな原種やオールドローズ。
アロマの精油で用いるバラの香気を確かめてその力を全身で味わう。
そしてそれらをだとってから出会うモダンローズの魅力はまたひとしおです。

それぞれの方がバラと向き合い、ご自分にとってのバラの魅力を堪能されたようで、和やかな雰囲気は、そのまま深大寺蕎麦のお昼時間、午後のストレッチやアロマハンドトリートメントに持ち越され、素敵な出会いとなりました。

f0087766_19174958.jpg

季節をめぐって訪れている神代植物公園。

今回、パンフを作成させてもらったり、常松さんのガイドを改めてお聞きしたり、こうして参加の皆さんと一日過ごして、この場所の魅力を再確認しています。

じっと向き合っていると響いてくる音があるような...

バラは、どんな人の中にもある、「高貴な自我」に近づくひとつの扉かもしれません。


*写真上は「ロイヤル・ハイネス」
名前の通り気品溢れる爽やかな甘い香り。『ローマの休日』の一コマを思い起こさせる。
*写真下は私のお気に入りの「ピース」
淡いピンクからクリームの色の変化が優しい。
第二次世界大戦の終戦の年に発表された20世紀を代表する名花。

*神代植物公園 http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/jindai/
*豊香堂さんHP http://www2.ttcn.ne.jp/~bunkadou/
*常松さんブログ http://geocities.yahoo.co.jp/gl/southgarden_tokyo
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-05-17 14:50 | アロマな暮らし

おおきなしあわせ

f0087766_21475221.jpg
大きな、大きな
四つ葉のクローバー

8本みつけました。
広げると直径10cm程のものも。
見つけた時はさすがに驚きの笑顔です。

三つ葉は「信仰」「希望」「愛」の印。
残る1枚は「幸福」のシンボルと言い伝えられて来ました。

大きな四つ葉を8本。

みなさまの末広がり、無限大 ∞ の幸せを祈って...


*四つ葉の由来についてはhttp://happy-clover.com/about/index.html
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-05-15 17:12 | アロマな暮らし

野ばら

f0087766_1125264.jpg
まさに風薫る5月の一日。

近所の多摩川の河原に立ち寄ったら
大きなオニグルミの樹の下に...

テリハノイバラ(Rosa wichuraiana)

ほんのり野生味をおびた
リンゴに似た爽やかな甘い香り。

地を這うように枝をのばし
たくましく葉を照らす。

現代つるバラの祖といわれる
日本・中国に自生する原種だそうです。

身近なところで「バラの原点」をみつけました。
16日のローズツアーが楽しみです。
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-05-14 22:39 | アロマな暮らし

風水 インドアグリーン

f0087766_23263077.jpg
いつからだろう。
人が自然を家の中へ呼んだのは。

仕事の届けもののお陰様で、雑誌『Sundari(スンダリ)』の撮影に立ち会うことができました。
記事は「風水をとり入れたインドアグリーン」。
場所は「無印良品等々力の家」です。

庭に面した吹き抜けの大きな窓から入る明るい陽光。

家族が集う食卓やリビングは、かつて客間がしめていた最も明るい場所へ。
家の暗がりから絵を観るように眺めていた庭は、「外室」としてより家の一部となった。

外と内がより融合した現代の住まい。
その先に生まれる「新しい秩序の形」があるのかもしれません。

けれど、花や木々を活ける人の手を眺めていたら、太古より変わらぬ「立花献上」の心をみる思いがしました。

家に帰って部屋を片付け、ベランダのナスタチウムを飾ってみました。


*雑誌ムック本『Sundari』(スンダリはサンスクリット語で美しい人)
今回の撮影は創刊2号で6月25日発売予定。
今迄あまりご縁のなかったスピリチュアルな世界。そんな私のような人にもっと身近な日常で感じてもらえるような提案をしているそうです。
地に足ついた生活術を楽しむクリエーターさんたちが和やかに撮影を進めていました。
このページは、ひとり暮らしの人へ向けて創っているそうです。
http://www.amazon.co.jp/Sundari-%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA-Vol-1-%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4861912342/ref=pd_bbs_sr_1/250-0266478-0285814?ie=UTF8&s=books&qid=1178892396&sr=8-1
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-05-10 19:56 | アロマな暮らし

5月のうららかな午後に『ジャズ絵本』

f0087766_13274376.jpg
実は、ひそかな夢がある。
(ここで書いてしまうと、もうひそかとは言い難いのですが)

ジャズを歌うこと。
(ああ、恥ずかし..)

10代の頃から思っているのに、ジャズに詳しい訳でもなく、歌詞を覚えてバッチリ歌える訳でもなく..「夢」というより怠け者の「憧れ」でしょうか。

五月のうららかな午後、家での仕事の気分転換にぴったり来たのが

『ジャズ絵本』

山本容子さんの思い出いっぱいのスタンダードナンバーが、彼女の銅版画の絵楽譜とエピソードともに、軽快でおしゃれなアレンジで楽しませてくれます。

あちらこちらで見ることができる彼女の版画は、彼女の声のトーンや生き方にも表れてますが、肩の力がぬけて明るい陽光がさすような気分にしてくれるから好きです。

絵本の中の音符が歌の物語りに合わせて、メロディアスにスウィング♪
CDをかけながら歌えるようになっています。

サラ・ヴォーンの声をイメージしながら、鼻歌まじり。
自然に身体が揺れてくる。

お家で過ごすゴールデンウィークも悪くないですね。


*『山本容子のジャズ絵本〜Jazzing』 谷川賢作プロデュース・オリジナルCD付き 講談社 http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%AE%B9%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E7%B5%B5%E6%9C%AC-Jazzing-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E5%AE%B9%E5%AD%90/dp/4062135922/ref=sr_1_2/250-0266478-0285814?ie=UTF8&s=books&qid=1178253616&sr=1-2
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-05-04 13:28 | アロマな暮らし