<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベルガモット香

f0087766_1816581.jpg
アロマアーチスト協会の香性研究会へ。

先日カモミールの日記にも書いた『ルチェーレ』さんで行いました。

お庭には、日本では大変珍しいベルガモットの果樹がさみどり色の新芽を出し、たった一つだけ実をつけたそうです。

休息タイムに、その貴重な果実のご相伴にあずかりました!

うあ〜、やっぱり精油で知っている、あの、ベルガモットの香りです。

が、もっとさわやかでやさしい...

果肉は日向夏(ひゅうがなつ)に似たさっぱりしたお味。
ちょっぴりビターだけれど、思った以上にとても食べやすい。
レモンやグレープフルーツにある目や口を一瞬すぼめてしまうパンチのきいた酸味もありません。

食べても、やっぱりあのベルガモットの香り...ただし、より繊細。

精油は果皮を常温圧搾して採ったものですが、果皮は、それを実感する辛さ、苦味、酸味がありました。アールグレーティーも思い起こす。

いただいているうちに、胸が開いて呼吸が楽になり、身体が温かく...ベルガモットが「心のバランサー」ともいわれる由縁を実感。
お腹がクルクル鳴りだす人や、唾液もいっぱい出て...しまいには、首のこりもとれて肩が楽に。

うそのようですが、よい香りにはそれだけの力があります。


ひとつの香りとじっくり向き合う...


日常の食材や身の周りの植物にふれる、ひとつのヒントをいただきました。
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-04-23 18:16 | アロマな暮らし

五月のバラの香りを堪能                   〜神代植物公園ローズツアーのご案内

f0087766_9155247.jpg

春の百花繚乱。
五月にはいよいよバラの季節がやって来ます。

大泉学園でアロマ&エサレンのサロンを開いてられる『豊香堂(ぶんかどう)』さんで、『神代植物公園のバラと香りのツアー』があります!

神代植物公園のバラ園はとても有名。
原種やオールドローズ、人気のモダンローズ、コンクール入賞作品や新品種の数々、そしてもちろんアロマオイルになる品種まで、古今東西、色とりどりのバラの香りが楽しめます。
また、バラ園を一望できるパルテノンからの眺めは一見の価値ある素晴らしさです。

そして、バラ園鑑賞の後には、広い園内にある芝生の上でストレッチをしたり、木陰や東屋でアロマハンドトリートメントを楽しみます。

芝生の隣りにあるハーブ園で、生のハーブの新鮮な香りでさらにリフレッシュ。

お昼には深大寺蕎麦も堪能、または芝生でお弁当を広げても...etc 風薫る五月の春を楽しめる盛り沢山のツアーです。

ここ「アロマアートな暮らし」でご紹介して来たバラや他の植物たちの多くは神代植物公園のものです。ホームグランドとも言える私も今回、少しお手伝いさせていただきます。


日時: 5月16日(水)10:30〜14:00(予定)

場所: 調布市 神代植物公園〜深大寺 <現地集合・現地解散>

案内役: 日本ガーデンデザイナーズ協会理事 常松たけし

参加費: 1000円 (入園料500円・昼食代別途)

ご予約・お問い合わせ:
〜アロマ&エサレンサロン 豊香堂 
   TEL/FAX 03ー5387ー9453 (9:30〜21:00)
豊香堂さんのHP:http://www2.ttcn.ne.jp/~bunkadou/
豊香堂さんご案内のブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/aebunkadou/17132061.html

または、「アロマアートな暮らし」 


*神代植物公園:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/jindai/
〒182-0017 調布市深大寺元町5-31-10  電話番号: 042-483−2300

電車・バスでお越しの方
・ 京王線調布駅 北口ロータリーパルコ前
         小田急バス 13番乗り場 吉祥寺行、三鷹行
         京王バス   14番乗り場 深大寺行
・ 京王線つつじヶ丘駅 北口  京王バス 深大寺行
・ 中央線三鷹駅 南口
         小田急バス 5番乗り場 調布行
         小田急バス 4番乗り場 深大寺行
・ 中央線、京王井の頭線吉祥寺駅  南口丸井デパート前
         小田急バス 4番乗り場 調布行
         小田急バス 6番乗り場 深大寺行
* いずれも「神代植物公園前」下車。バスの乗車時間は約20分から25分程です。

お車でお越しの方
 中央高速の調布インターから、新宿方面へ甲州街道に降ります。「下石原交番前」を左折し武蔵境通りを北上します。「神代植物公園北」の信号を右折すると左側に神代植物公園駐車場があります。混雑していなければ調布インターから5分程度です。
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-04-22 09:15 | ナチュラルエイジ

幸せの見つけ方 〜クローバー

f0087766_22283930.jpg
ちいさな頃に一度だけみつけたことがある四つ葉のクローバー。

大人になって初めてみつけました。


(どこかに必ずある…

確信をもって瞑想的感覚だけを開いて集中する)


四つ葉はもちろん六つ葉のクローバーまでみつける幸せ探しの達人のそばで、そんな空気から学んでいたら...

ありましたっ。

みつけるまでの過程。

自分とその四つ葉が、真っすぐな光の糸のように繋がっていたのだとわかる瞬間。

ささやかな喜び。

幸せはこんなふうにやって来るのかもしれません。



クローバーの蜂蜜も美味しい。琥珀色の深い甘さ。

野原で編んだシロツメクサの草いきれの香り。
子どもの頃の記憶を刺激して、いつでも原風景を甦らせてくれます。

ハーブとしてよく使われるレッドクローバー。
(ムラサキツメクサ・別名アカツメクサ Trifolium pratense マメ科)
花は、抗炎症の浄化薬として、肌のトラブルや関節炎、咳にもよいとのこと。
20世紀に入ってから、がんに効果があるのではと研究されているハーブのひとつで、今でも処方に花や全草を用いるそうです。

そういえば...

体調を崩して困っていた時に、友人がくれたジョンソン・ウィンターズというハーブティーは、ウーロン茶にレッドクローバー・インディアンセージ・スペシャルスパイス(ハーバリーン)の免疫強化のスペシャルブレンド。さっぱりすっきりの飲みやすいお味でした。世界中で広く愛飲されているそうです。

花の頃がまた楽しみです。


*『メディカルハーブ』ペネラピ・オディ著 英国ハーブソサエティ編 日本ヴォーク社
 『ハーブの写真図鑑』レスリー・ブレムネス著 日本ヴォーク社
 『日本の山野草』成美堂出版
*四つ葉のクローバーの由来については、http://happy-clover.com/about/index.html
[PR]
by mahaalmaharik | 2007-04-19 22:28 | 自然観察