2006年 05月 31日 ( 4 )

過去からの手紙

f0087766_561944.jpg
このバラは、あちこち移し植えられながら、かれこれ30年以上咲きつづけている。
ハイブリットティーのような上立ち香はないが、素朴な甘さが胸に下りてくる感じで、私にとってはバラの原体験の香りだ。

人生の中で、新たな転換期を迎える前に精算、浄化される時期はないだろうか。
実は、昨年から大きく体調を崩ししばらく休業していた。新たに選び直してもらったホメオパシーのレメディーの好転反応も大きく出た。
過去を違った視点でみる時間に恵まれた。
慎重にこの言葉を使いたいが、ある意味では、生まれる前からの精算も含まれる。

過去に処理しきれなかった感情や成長を身体が表現する。
無意識な感情の表出を身体で行うことが必ずしも良いこととは思わないが、自分の身体はよくやってくれていると思えるようになった。

「症状や検査結果はマイナスに考えてしまいがちだが、過去からの手紙である。進むべきべき道をちゃんと歩んでいる。」
昨日、ふと思うところあって人智学の医師を訪ねてそんな言葉をいただいた...安心と感謝。
ほんとは、自分の直感や感覚はそのことをよくわかっているのだろうか。
[PR]
by mahaalmaharik | 2006-05-31 05:06 | 集い

薔薇の意思

f0087766_4541021.jpg

やはり...水に映るバラが気になります。
影の中の色合いがおもしろい。

2月にここ神代植物公園を訪れ、寒さの中、短く剪定されたバラの枝だけを観ていた時、とても「意思」のようなものを感じた。

5月の陽光のもと、花々の美しい色彩と芳香はほわっとした気分を誘う。

無意識な夢心地と目覚めた意思...一本のバラの姿にそのつながりを感じる。
[PR]
by mahaalmaharik | 2006-05-31 04:54 | アロマな暮らし

白バラの芳香水

f0087766_4433378.jpg

バラシリーズにしてしまおう。

白いバラはひっそりと咲く感じが好き。

午前中の雨が花の中で日を浴びて、フラワーウォーターの出来上がり。

ご相伴にあずかりました。

うまい!
[PR]
by mahaalmaharik | 2006-05-31 04:43 | アロマな暮らし

我は薔薇なり

f0087766_4412084.jpg

[PR]
by mahaalmaharik | 2006-05-31 04:41 | アロマな暮らし