身体の再教育3〜振動

f0087766_23493991.jpg
春の三寒四温のお天気が続いていますね。
雪解け水を浴びたヴィオラの明るさに惹かれます。

試験勉強の合間にいくつかレポートを仕上げて、お蔭様でBBCS(ベビーボンディングケアスペシャリスト)資格更新が無事完了。
久々のブログ更新になってしまいました。

昨日はアロマアーティストの大先輩、ルチェーレさんの自宅サロンへ。
久しぶりにケアしていただきました。

食事のこと、歩く、筋トレ、ストレッチ、ブレインジムなどのエキササイズ。
そしてアロマオイルケア、香煙管etc
日常、自分なりにできることは試みていますが
ルチェーレさんは私の身体が必要なところに、すっと手が届くので、本当に有り難いです。

特に、長い間動かせずに硬くなって骨膜に張り付いてしまった筋膜や腱。
自分ではなかなかほぐせないところは、アロマ整体の他に、キネシオロジーで習った筋肉の起始・停止のテクニックやホットストーンの振動で・・・

身体が硬いまま鍛えてたので、余分な力が入ったままだったのですが
今日は次へステップアップできそうな気がしてきました。



f0087766_23495956.jpg
やはり「振動」、は鍵でしょうか。

過日のTさんも、私自身の声の響きや軽い叩打法を使ってられました。

以前ワークショップで体験させてもらったエサレンマッサージRでも、波のような振動が共鳴した時の変化は大きかったです。

70代の母の身体をケアする時も、振動でけっこうリリースしてくれます。

香り、色、音もバイブレーション。
目に見えるものから見えないものまで、あらゆるものは振動数をもっているといいます。

客観的に思いやりをもって手を当てていただいて、自分の状態を自覚でき、大切にしようという気持ちになりました。

風穴があいて、ほっとひと心地。3月も何とか乗り切れそうです。


*ルチェーレさんのお庭のミモザ。ベルガモットの実も色づいて・・黄色い花をみると春の始まりを感じます。

日本アロマアーチスト協会
一般にはあまり知られていませんが、東洋芳香術など独自のアロマ理論と実践が豊富で、たくさんのことを学ばせていただいています。
[PR]
by mahaalmaharik | 2010-03-11 23:30 | からだのケア
<< みやたさんの響き 子どものオイルケア〜思春期 >>